円安が止まりません、今日時点で160円/ドルをつけた様です。
ワシの様な年金を充てにしてる海外居住者にはホントにヤバい状況です。
 タイに来た22年前は2.9円/バーツ、現在は4.2円/バーツとマイナス45%バーツ
よく言われる原因は、日本のGDP停滞(国力低下)海外金利差
コロナなどによる超過剰流動性(金余り)などですが、どれもピッポッパと
短期で反転出来る問題ではない印象...
しかし、円安傾向が永遠に続く訳もなく、何時かは戻るはず?戻るならどれ位か?
その目安となると、やはり購買力平価ではと思うんです(^^;)
 統計では現状の購買力平価は何と110円/ドル以下です。
 今、世の中は円安全振りですが、何らかのタイミングで円高になる事は不思議ではない印象...
 
ワシとしては、ココ1~2年は日本からの資金は必要最小限に絞り、為替差損を減らしますわ。
 来年には1ドル140円以下、1バーツ3.5円を期待してます(^^;)

ドル
海外難民?は日本では考えもしない物事も多く、
慣れなんでしょうが、以外と悩みの素があるものですわ...