老後資金は3年前のリタイヤ時に確認したんですが、
その後も更なる円安が続き海外難民?には逆風が止まりません。
昨年末には遂にタイの日本人が帰国し始めた?記事が登場。
確かに、以前は年金難民として日本人がタイに来て生活してたんですが、
今は逆流してもおかしくない状況に(;;)...
なので改めて老後資金を見積もりしてみました。

前提条件
・タイのド田舎でジジババ2人で余生を過ごす(; ;)。
・余命は85才までの21年間とする(^^;)

推定老後資金(為替レート 4.2円/B
・基本生活費は4万B/月で4×12×21=960万B(4,032万円)
・タイ年金支給額は0.3万B/月で0.3×12×21=72万B(302万円)
・日本年金支給額(推定)は156万円(37万B)で37×20=740万B(3,108万円)
最低預金は960ー(72+740)=148万B(622万円)
・不確定要素として、インフレ、大物出費、大病などを考慮して
 預金額は最低額の>2倍 300万B(1,260万円)は必要かと...

 今日も婆殿の友人宅で新年&誕生会です。
 ま~やる事ないんやね、大概の家にはカラオケセットがあり飽きもせずカラオケ大会が続きます...
 この人たちは農家やワシらの様なご隠居さんですが、大概は自給自足?と子供からの仕送り、
 土地持ちは農地を貸して生計を立ててるご様子。
4528
 日本は真冬ですが、こちらは一足早く小春日和?
 毎朝、婆殿のミニ菜園に散水するのがワシの日課です。

4415
やはり、円安が進んだ分前回の日本年金額44万Bが37万Bに目減り、その分の持出しが増加する印象。
只、この3年間は外貨預金などの利息、投信や株の配当、為替評価益などが
生活費を補ってくれて、幸いにも預金総額のダメージが少しで済みました。
これで何とか人様に迷惑掛けずに余生が送れそうかな?...