婆殿の弟さんはお坊さん(プラ พระ )です。
果樹園で長年住込みで働いてたんですが10年くらい前に体を痛め退職。
カラシンに戻って来たんですが、お薬の処方を間違えて更生施設へ(^^;...
出所後、周りの勧め?で出家(ボワッ บวช)してお坊さんに...
そして何年か後になぜ?か還俗(スック สึก)...
その後、ボーっと暮らし?てたら、昨年友人のお坊さんに誘われ再度出家してお坊さんに...
タイは南伝仏教ですので原始仏教の流れが濃く、本人の意思で仏門に出入り出来るんですね(^^;多分)
 昨年弟さんが出家した時の断髪式。
 37819
 確かカラシン県で一番偉いお坊さん?の前での出家式。
 出家が許されてた後、ようやく袈裟が着れます。
37820
ワシが思うお坊さんとは、煩悩で苦悩した世を捨て悟り(ตรัสรู้)を目指す求道生活者です。
なので、苦悩してる人はどんな人でも仏門に入り心の平安(悟り)?を求める事が出来るんです。
しかし、寺の中でダラダラは出来ません。戒律シン ศีลに依る生活が求められます。
朝は4時頃に起きて読経(ガーンスワット การสวด)してから托鉢(ビンタバット บิณฑบาต)に行き、
托鉢で頂いた食物を朝1回頂いたらその後は水だけなど...
227項目の戒律があり、これを見ただけでワシにはお坊さんは無理ゲーです(^^;)
ま~この戒律は煩悩を断ち切るため、お釈迦さまからの教えですから守らんといかんのです...

こんな感じ?でタイのお坊さんを横目で見ているワシからしたら...
酒は飲む、嫁は取る、午後に食事を取る、お金に触る日本のお坊さんはみんな破戒僧(อลัชชี)ですわ。
或いは日本仏教は仏教を元にした新興宗教じゃないですかね?
   
   とは言え、タイでも破戒僧のニュースはよ~有りますわ...
            お坊さんは誰でも成れますが解脱は難しいのです...