タイ人は金(ゴールド)が大好きですね。
ですので、日本では見られん様な金屋さん?があちこちに有りますわ。
世界的に見ると中国人、インド人の宝飾用需要(この2か国で世界需要の半分を占める)がずば抜けてる様で、
タイ人はその血?が流れてるお国柄と言う事ですわ(だからこの地域はインドシナ?^^;)

 小さい町にこんな金屋さんが3~4店あります。
000111
現役時代はあまり関心が無かったのですが、やはり暇には勝てず金相場を見る様になりました(^^;)

金は持っていても利息は付きません(しかし、金は有史以来価値のある貴金属であり世界共通通貨です)
ですので基本インフレ(貨幣価値が下がる)にならんと金は値上がりしません。
只、事はそう単純ではなく米国の金利や物価、投資売買が大きな変動要因なんだそうですわ(^^;)
なにせ、金取引市場のプレイヤは宝飾用50%、投資31%、中央銀行11%、産業用8%
分かれており思惑がバラバラですから。

オッサンのお頭ではちょこっと考えるだけでOverHeatして怪しいもんですが、
米国のインフレ懸念に対する金利先高感による投資需要の減退などにより、
ど~も今年後半から来年にかけて、金先物CMXで$1,500くらいになるのかな?と予想してます。
1212

予想レンジに来たら金地金か金ETFを定期的に購入して行こうと思います。
ま~タイど田舎のオッサンの予想なんでえ~加減なもんですが555